中古のバスは壊れていても買取可能|需要が拡大しつつあるバスは中古でも高価買取が狙えます

中古のバスは壊れていても買取可能

車内

事故車の処分

もし、所持しているバスが何らかの原因で壊れてしまった場合、そのバスは早めに処分しなければなりません。車というのは所持しているだけで税金がかかるものであり、使用できないバスはただお金がかかるだけの存在です。なお営業用のバスは大体年間3万円前後の税金がかかります。

廃車処分をする前に

壊れたバスは廃車処分で処分するのが一般的でした。しかし、実際に廃車処分をする場合、様々なところに届け出を出し、手数料を払い、引取りの依頼をしなければならないため、相当時間とお金がかかります。そのため、壊れたバスというのは非常に処分が面倒なものなのです。しかし、現在は廃車処分をするよりも引き取ってもらうほうがメリットは多いです。

バスの引き取りを業者に依頼

バスの中古車買取専門をしている業者の中には、こういった事故車も取り扱っている業者がいます。そんな業者に連絡することで、事故車を無料で引き取ってくれるばかりか、面倒な手続きまで代行してくれます。さらに、場合によっては引き取りではなく買取として、買取金額が発生することもあります。そのため、廃車処分するよりも遥かにメリットが大きいです。

壊れた部位によっては再利用が可能

なぜ事故車を買取ってもらえるのか。それは、壊れたバスでも他の部品と交換することで再利用が可能だからです。そのため、事故車を引き取り他の部品の交換用としてキープしておけば、立派なバスができ、問題なく走らせることが出来るのです。よって、事故車でも買取価格が発生することがあります。

ネットで検索

壊れたバスを引き取ってもらえる業者は、基本的にインターネットで検索することになります。「バス+引取」などで検索すれば故障車でも引き取ってくれる業者は見つかりやすくなります。買取を狙う場合は、評判をチェックすると見つかりやすくなります。

買い取ってもらえばラッキーという気持ちで

故障車と従来のバスとでは、買取価格に大きな違いが生まれます。もちろん故障していないほうが高価買取をしてくれる確率は高くなります。あまりにも故障箇所がひどい場合は、たとえ一箇所だけでも買取が発生するのは難しいです。よって、故障車は買取ではなく、引き取りの方を考えておいたほうが良いかもしれません。

広告募集中